イベント

「勝道上人立像」初公開

しょうどうしょうにんりつぞうはつこうかい

日光山開山1250年記念で初公開!

「勝道上人立像」初公開写真
勝道上人は下野芳賀に生まれました。
 
男体山を中心とする日光連山に観音浄土を見た勝道上人は、その頂を極めるために32歳で入山します。
 
天平神護二年(766)、深砂大王の助けにより大谷川の激流を渡った上人は、紫の雲が立ち上がるのを見て、そこに庵を結びました。これが日光山の発祥となる四本龍寺です。
 
二度の失敗を重ねた後、上人は天応二年(782)の春、三度目にしてついに男体山の山頂を極めます。その時、眼下に大きな湖を発見し、湖畔に二荒山神宮寺を開きました。
 
苦難の末に日光を開いた勝道上人の功績をたたえ、その御恩を永く留めるため、開山1200年を記念して建てられたのが三仏堂近くに立つ勝道上人の銅像です。そしてその原型となったのがこの石膏像なのです。
 
今年平成28年(2016)は、上人が日光を開山されて1250年の記念の年です。様々な記念事業の中のひとつとして、勝道上人立像(石膏像)の修理が行われ、このたび日光山中禅寺立木観音にて初公開の運びとなりました。
 

 

 

DATA
開催期間 2016年4月29日(金・祝)~常設展示
開催時間 4月~10月 8:00~17:00
11月    8:00~16:00
12月~2月 8:30~15:30
3月    8:00~16:00
会場名 日光山中禅寺立木観音
住所 栃木県日光市中宮祠2578
電話番号 0288-55-0013  (日光山中禅寺立木観音)
営業時間 4月~10月 8:00~17:00
11月    8:00~16:00
12月~2月 8:30~15:30
3月    8:00~16:00
料金 大人:500円(450円)
小中学生:200円(180円)
※( )内は20名以上の団体料金
アクセス ●電車
JR日光駅・東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行または湯元温泉行で約50分「中禅寺温泉」下車、徒歩約20分

●車
日光宇都宮道路清滝ICから約40分
ホームページ 詳細はこちら