小田代原

おだしろがはら

湿原と草原の特徴を持つ希少な草原地帯

小田代原写真

湯ノ湖から流れる湯川の西側に広がる周囲2キロの草原で、面積は戦場ヶ原の約4分の1ほど。
ミズナラの林に囲まれた大自然が広がります。
初夏から夏にかけてはウマノアシガタ(6~7月)、ホザキシモツケ(7~8月)、ニッコウアザミ(7~8月)の群落に、秋にはミズナラの黄葉や草紅葉の美しい光景に出合うことができます。
また草原の真ん中に生える「小田代原の貴婦人」と呼ばれる1本のシラカンバの木が美しく、シャッターチャンスを狙う人々で後が絶えません。
小田代原へは4月末~11月まで、低公害バスが運行しています。

  • 小田代原その他写真1
DATA
住所 栃木県日光市
電話番号 0288-62-2321  (日光湯元ビジターセンター)
アクセス JR日光駅・東武日光駅から「湯元温泉」行きバス乗車約65分、(39)赤沼バス停下車。
赤沼バス停からは徒歩35分、または低公害バスで8分。

※低公害バスの運行は、4月下旬~11月末まで。
クチコミを参考にする
この観光スポットのクチコミを見る