男体山

なんたいさん

中禅寺湖の北岸にそびえる雄大な山

男体山写真

男体山は、日光連山を代表する標高2486mの山です。
780年代より山自体が信仰の対象となり、山頂には日光二荒山神社の奥宮があります。
二荒山(ふたらさん)とも呼ばれ、「ふたら」とは観音浄土の補陀洛(ふだらく)からきているといわれています。
毎年7月31日には登拝祭が行われ、8月1日の深夜0時に多くの人が山頂を目指し登頂を開始します。
また男体山のふもとに広がる湖や滝、草原や湿原などは、男体山の噴火活動によりできたものです。
男体山は中禅寺湖の北岸にそびえ、いつも雄大な姿を見せています。

日光二荒山神社中宮祠から登山する場合は毎年下記の期間登ることができます。
5月5日~10月25日
※なお、5月5日は開山祭、10月25日は閉山祭がおこなわれます。

※2010年より、開山期間が下記に変更となりました。
4月25日~11月11日
※2020年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開山日期間が5月25日~に延期されました。

(写真は、「日光フォトコンテスト入賞作品」を使用しております。)

  • 男体山その他写真1
  • 男体山その他写真2
  • 男体山その他写真3
DATA
住所 栃木県日光市
電話番号 0288-22-1525  (日光市観光協会)
クチコミを参考にする
この観光スポットのクチコミを見る