瀬戸合峡

せとあいきょう

切り立った岸壁が織りなす峡谷美

瀬戸合峡写真

鬼怒川の上流に位置する瀬戸合峡は、凝灰岩が浸食されることによって生まれた峡谷で、深度100mにも及ぶ切り立った岸壁が約2kmにわたり広がっています。県道23号線の旧道は、眼下に瀬戸合峡を見ながら縫うように走って行きます。峡谷内にある川俣ダム正面の岸壁に架けられた吊橋「渡らっしゃい吊橋」からの眺望は絶景で、断崖を真近の感じることができます。紅葉の名所としても知られ「とちぎの景勝100選」に選ばれています。

 

※2016.11.28 16:00から冬季閉鎖予定です。

www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000658822.pdf

  • 瀬戸合峡その他写真1
  • 瀬戸合峡その他写真2
  • 瀬戸合峡その他写真3
DATA
住所 〒321-2717
栃木県日光市川俣
電話番号 0288-97-1126  (日光市観光協会湯西川・川俣・奥鬼怒支部)
アクセス 東武鬼怒川温泉駅から市営バス治温泉経由女夫渕温泉行きで1時間15分
ホームページ 詳細はこちら
クチコミを参考にする
この観光スポットのクチコミを見る