毎年持ち回りされる当番町の指揮のもと、神社入口に立てられた山岡鉄舟書の大のぼり旗の下から、その年の当番町の彫刻屋台や花屋台(各町内でそれぞれの屋台を所有)が今市町内を巡ります。また、かつての公家の装束を着た氏子さんや稚児たちが町内をねり歩きます。今市の総鎮守社である当神社の例大祭が斎行されるこの時期は、例年境内の桜が見頃を迎えます。