明治32(1899)年から昭和22年まで3代にわたる天皇・皇太子が利用した御用邸で、江戸・明治・大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群で、これらの建物の併用が、当初から存在したかのように建てられているところに特徴があります。
部屋数は106室あり、明治期に造営された御用邸の中でも最大規模の木造建築で、本邸が現存する唯一の建物です。
また、園内のシダレザクラは、御用邸の前身である小林年保氏所有庭園に既に植栽され、当時の面影を今に伝える記念の木で、樹齢は300~350年と推定され、優美な御用邸建築の美しさに、自然観を添え、花時には際立った彩りを与えています。
建物は国の重要文化財に指定され、当時の建築様式や皇室文化を垣間見ることができます。
季節ごとの催しや、研修等での施設利用(有料)もできますので、ご利用ください。

■イベント情報は、下記よりご確認いただけます。
日光田母沢御用邸記念公園 イベント・催し